キャッシングのお金の借り方

キャッシングでのお金の借り方をよく知らないのですが、どのような手続きをすればいいのでしょうか。まず、本人確認と収入証明の書類を持参して、銀行なり消費者金融なりの店頭に行き、用紙に申込事項を記入して、書類と共に提出します。本人確認の書類は、運転免許証または健康保険証がいいでしょう。収入証明は、勤めている人の場合は給与明細と源泉徴収票、自営の人の場合は確定申告書を持って行くようにしてください。もしアルバイトなどで給与明細がない場合は、給与振込の口座の通帳を持参するといいでしょう。
書類を提出すると、審査が行われ、収入や信用情報をチェックして、キャッシング分の返済能力があるかどうかを判断されます。特に信用情報に事故情報がある場合は、審査に通らないこともあります。事故情報というのは、たとえばクレジットカードの支払が、3か月以上続いたような場合に、個人情報に記録されるものです。この情報が記録されると、5年間は消えません。ですから、キャッシングの前には延滞がないかどうかを確かめて、借り入れるようにしてください。
また一般に、銀行は審査が厳しく、消費者金融は緩めになっていますので、パートやアルバイトの場合は、消費者金融を利用するといいでしょう。消費者金融の場合は、借り方も色々で、ネットや携帯から借り入れることもできて、メリットが大きいです。この場合は、書類はFAXやアプリ利用で送ります。借り入れたお金は本人の口座に振り込まれますので、とても便利です。ただ消費者金融でのキャッシングは総量規制があり、年収の3分の1以上の金額は借入ができませんので、注意してください。