キャッシングの借り入れで起きる払いすぎとは

昨今、よく耳にする言葉に過払いというものがあります。
これは債務者が金融業者に対して利息を払いすぎている状態のことです。
どうして、利息の払いすぎという状況が起きてしまったかというと、その背景には利息制限法と出資法という二つの法律が関係してきます。
キャッシングを申し込むと、必ず業者から利率の説明があるはずです。
利率は利息制限法によって定められており、10万円未満の借り入れで20%、10万円から100万円未満で18%、100万円以上は15%となっています。
そして、これをこえる利息は無効とされるのですが、以前はこの利息制限法には罰則規定がなかったため守らなくても問題はないグレーゾーンの法律となっていました。
そのため、多くの金融業者は罰則規定のある出資法の上限利息である29%の利率で貸し付けを行っていたのです。
つまり、利息制限法と出資法の利率の差が払いすぎた利息分なのです。
現在では貸金業法が完全施工され、こうした現象が起こらないようになっていますが、それ以前にキャッシングの借り入れを受けて返済を行っているという人の中には今もなお過払い状態にある人も少なくありません。
自分が払いすぎているのかどうかを見極めるポイントは、キャッシング時の貸付金利が20%より多かったか少なかったかということです。
もし、キャッシング時の貸付金利が20%以上であった場合は、利息を払いすぎている可能性があるため、過払い請求を行えば過払い金が戻って来る可能性は高いといえます。