ブラックリストに載ってもキャッシングは可能か

ブラックリストとは、キャッシングやクレジット会社などの金融業者が共有している顧客の問題行動を登録したデータベースのことを指していると思われます。ブラックリストという呼称はむしろ利用者が俗称として用いている言葉であり、業者の側には提携している信用情報機関のデータベースにそのような登録があるかどうか、が問題にされています。

キャッシングというのはリスクのある業種であり、情報収集力が生命線になります。キャッシングの利用をしようとする顧客がブラックなのかどうかは、取引の開始前に判定しなくてはなりません。そのために信用情報機関のデータベースが利用されることになります。当該顧客の過去の取引履歴の中に問題行動があるとこのデータベースに登録されます。それは例えば以下のような問題行動です。支払予定日より3ヶ月間支払いが遅れた場合、自己破産、任意整理、特定調停、過払い金請求、個人再生です。

これらの問題行動は事故情報と呼ばれ、以後のキャッシングなどの取引に影響を与えることになり、いずれもペナルティの対象となります。したがって新たにキャッシングの契約をするのにおおきな制約を課することになります。ペナルティの内容はいずれも5?10年間の借入が不可能になることです。例えば3ヶ月の滞納で5年、自己破産で7?10年間借入が不可能になります。

一旦事故情報として登録されると取り消しは不可能です。まれに借りられたという話がありますが、同姓同名人物の誤認などによる情報処理上のミスです。