収入証明書不要の消費者金融で借りたい方に

急に給料日前に現金が必要となったとき、そんな時に便利にすばやく利用できるのが消費者金融のキャッシングです。
担保や保証人は必要としません。ですが、そのかわりに個人の信用を担保としますので、審査が行われます。
ちなみに利用できるのは、20才以上の安定した収入のある人となっています。
まず最初に消費者金融では、申し込み者の属性を調べます。属性とは、その人の年齢や社会的地位、他社での借入状況などといった、いわゆる個人情報です。
そして消費者金融にある過去の莫大なデーターから、申し込み者の属性に一番近い人を選びだし、その人をモデルとして返済状況などを検証していきます。
この結果によって審査が通過するかどうかや利用限度額がきまります。
消費者金融でお金を借りるときには身分を証明するものと、収入を証明するものが必要と言われています。
身分を証明するものは、自動車運転免許証が一般的です。
運転免許証は、日本人の中で約8000万人が所持しています。
この数字は、成人した国民の1.6人のうち1人の割合で持っていることになります。
ちなみに運転免許証がない場合には、パスポートや健康保険証などでもOKです。
それ以外にも自分の身分を証明できるものがあれば大丈夫です。
あとは収入証明証なのですが、消費者金融の中には収入証明書不要の所もあります。
100万円以下までの融資ならば、収入証明書不要というのが一般的なようです。
融資金額が高額になると収入証明書が必要となってきます。
収入証明書とは、どれだけ収入があるかを証明するものです。
給与明細や源泉徴収票、税額通知、確定申告などがあります。
給与明細ですと2~3か月分ほど必要となってきます。それ以外のものになると、税務署や会社などから取り寄せる必要がでてくるものもあります。
数社からの借入をおまとめしたい方におすすめのカードローンはキャッシングの借り換え活用術※おまとめ楽々返済術が参考になります。
急いで現金が必要なのであれば、収入証明書不要のキャッシングを選ぶと手続きがスムーズに進むのでおすすめです。